お問い合わせはお気軽に TEL.06-6761-1719 FAX.06-6761-1615
TOP 法人 なかまの里 あすくの里 あいらぶ工房 ほくほく
事業概要
沿革
アクセス
求人募集
キャリアアップ支援の取り組み
事業カレンダー
求人情報
WHAT'S NEW
年間行事
「ボランティア」の募集情報
安心して元気で働き続けるために―職場の取り組み―
次世代育成支援 一般事業主行動計画
後援会
 マイナビ 2020
求人募集
あなたの福祉の心、笑顔、元気が重複障害・高齢と聴覚障害をもつ方の暮らしを支えます。
社会福祉法人大阪聴覚障害者福祉会では、重複聴覚害者の入所支援施設なかまの里(熊取町)、通所施設あいらぶ工房(港区)・ほくほく(吹田市)、高齢者の介護福祉施設あすくの里(羽曳野市)で共に働く職員を募集しています。
また、各施設では、常時非常勤の職員を募集しています。勤務日、時間は相談に応じることができます。まずは、法人本部へお気軽にお問い合せください。
求人に関するお問い合わせフォームへ
非常勤職員の募集
職種 あいらぶホーム パート職員 募集人数 1名
勤務場所 あいらぶホーム(港区八幡屋 地下鉄中央線「朝潮橋駅」下車)
業務時間 17:30~20:30週1~2日
日曜 勤務有
給与 時給1010円~
交通費支給(限度あり)、有給休暇あり 
業務内容 グループホーム入居者(女性2名)生活支援全般
調理、洗濯、掃除等
職種 調理員 募集人数 1名
勤務場所 高齢者介護福祉施設あすくの里(羽曳野市飛鳥11番)
業務時間 6:00~19:45のうち4時間以上
日数、時間等はご相談ください。
業務内容 給食業務(盛り付け、配膳、下処理、食器洗浄等)
職種 支援員 募集人数 2名〈随時受付〉
施設体験・面接有
勤務場所 障害者支援施設なかまの里(泉南郡熊取町大字久保2329) マイカー通勤可
業務時間 9時~16時 または10時~17時 週4日程度(土、日、祝 勤務あり)
時給1,010円~ 資格手当有 交通費支給(限度有)
業務内容 作業支援、生活支援、自立支援
職種 看護職員 募集人数 1名(随時受付)
勤務場所 高齢者介護福祉施設 あすくの里(羽曳野市飛鳥11番)
業務時間 日勤 8:30~17:15(休憩45分)
週4日勤務 夜勤なし
時給 1,800円~ 交通費上限3.5万円
業務内容 高齢聴覚障害者の健康管理、家庭看護に準ずる処置、通院・受診援助
日常的な衛生管理、処方薬管理
医療機関との連携 など
正規職員の募集
職種 看護職員 募集人数 1名 随時募集
勤務場所 高齢者介護福祉施設あすくの里(羽曳野市飛鳥11番)
条件資格 正看護師または准看護師資格、運転免許
業務時間 日勤 8:30~17:15 (休憩45分)
夜勤なし
業務内容 健康管理・処置・受診の援助、処方薬の整理、医療機関との連携等
その他 月額201,500円~295,350円(看護師手当含む)、経歴加算あり
社保完備、賞与3.64ヵ月(2019年実積)
交通費全額支給(上限35,000円まで)
職種 管理栄養士 募集人数 1名
勤務場所 高齢者介護福祉施設あすくの里(羽曳野市飛鳥11番)
条件資格 ・管理栄養士資格
・普通運転免許証(AT限定可)
業務時間 日勤 8:30~17:15(休憩45分)
4週8休制
業務内容 利用者の栄養管理、直営給食に係る献立、発注、検品、在庫管理、検食、
調理員との相談・連携、各種加算・行政書類の対応、その他付随する業務
その他 随時募集
雇用・労災・健康・年金保険完備
法人の給与規定による
職種 介護職員 募集人数 4名(随時受付)
勤務場所 高齢者介護福祉施設あすくの里(羽曳野市飛鳥11番)
条件資格 普通運転免許(AT限定可 必須)
高校卒業以上
業務時間 日勤・早出・遅出・夜勤 ローテーション勤務、(週1回夜勤)
4週8休(週40時間勤務)
早出 7:00~15:45
日勤 8:30~17:15
遅出 11:30~20:15
夜勤 16:15~翌9:15
業務内容 高齢聴覚障害者の生活支援・介護等
その他 随時採用
専門学校・短大卒181,500円~、大卒195,800円~(基本給+調整手当て含む)夜勤手当6,000円/回 資格手当て(介護福祉士 3,000円/月)交通費上限3.5万
職員からのメッセージ
職員も一緒に成長できる職場です! なかまの里

支援員(副主任)
苗田 智子(のうだ ともこ)
「なかまの里」は、身体・精神等の重複障害を持つ聴覚障害者の生活と日中活動の場の機能を合わせ持った施設です。
わたしたちは利用者のことを「なかま」と呼んでいます。「利用者」ではなく一緒にここで過ごす「なかま」という意味合いがあります。
またなかまにとって、なかまの里は家です。家のようにくつろいで過ごせるよう、職員も制服ではなく各々自由な私服です。なかまが自分らしく過ごせるよう、生きれるよう、一緒に何ができるか考えて実践していくのが仕事です。わたしも聴覚障害を持っているので、聞こえなくて不便だったことを基に、「もっとこうしたらなかまは分かりやすいかな?」「この環境を改善できないかな?」と色々考えながら日々支援をしています。時にはなかまに教えてもらうことも珍しくありません。
なかまだけではなく、職員も一緒に成長できる職場です!
何でも話せるお兄さん なかまの里

支援員
魚谷 真央人(うおたに まおと)
私は兄弟に聴覚障害者がいることもあり、「なかまの里」に興味を持ち入職しました。それまでは手話を勉強することはほとんど無かったのですが、毎日不慣れながらも手話を使いなかまとコミュニケーションを取ることで少しずつ手話を覚え、今では手話が自分のスキルとして身についていくことに喜びを感じています。
「なかまの里」で仕事をする上で私が特に意識している事はなかまの気持ちに寄り添うことです。理想の支援員像は、“何でも話せるお兄さん”です。常日頃からなかま目線に立ち、なかまの気持ちに寄り添って支援していく事により、「この人になら何でも話せる。」「この人になら不満をぶつけても大丈夫。」となかまから信頼される支援員でありたいです。
「なかまの里」は職員同士の仲も良く、職場の雰囲気も明るいです。まだまだ仕事ではミスをしたり、悩むことも多いですが、主任や先輩職員に話を聞いてもらい、アドバイスをもらうことで気持ちが楽になり、「本当にここで働いてよかったな~。」と日々思いながら仕事をする事ができています。
入居者の笑顔が見られると、私も嬉しくなります あすくの里

介護職員
深野 功平(ふかの こうへい)
私は聴覚障害者ですが、はじめはあすくの里の存在を知りませんでした。あすくの里に入職して、中学生の頃からの夢であった「人と触れ合う仕事がしたい」と思いが叶いました。ろう高齢者と言って も色々な方がいらっしゃいます。手話表現も一人ひとり異なり、私も毎日新しい手話を学びながら働いています。また、施設内で職員を対象した「手話講座」の講師を担当しています。はじめは手話をまったく知らなかった職員が少しずつできるようになり、ろう高齢者とのコミュニケーションがスムースになっていく姿を見るのも大変嬉しく、私の楽しみの一つとなっています。手話で話ができる喜びと感動を胸に抱きながら、何事にも全力で取り組んでいます!
なかまと共感し、自分自身も成長していける職場です! あいらぶ工房

支援員
梶田 顕佑(かじた けんすけ)
私があいらぶ工房で働き始めたのは、2016年の4月からでした。
前職は販売の仕事を10年間しており、家族の紹介でこの仕事に就きました。友人や親せきから会うたびに聞かれる質問があります。「なんで突然福祉の仕事をやろうと思ったん?」。もし10年前の自分と話すことができたら、同じ質問をしていただろうと思います。全く想像していなかった人生です。質問される度にこう答えます。「誰かの人生に一瞬でも関わりたいから」。
今、私はパン班に所属しています。なかまとの関わりは楽しい時もありますが、うまく自分の伝えたいことが伝わらない時やなかまの気持ちが汲み取れない時は試行錯誤・自問自答の連続です。ただ、今までできなかったことが一緒に方法を変えながら頑張っていくうちに、少しずつできてくる様子を見ると、何だか人生のお手伝いができたような気がして嬉しくなります。これからも悩み、学んで、気付き、成長していきたいと思います。
 
[法人本部] 〒583-0842 大阪府羽曳野市飛鳥11番 TEL072-959-2252 FAX072-959-2632
TOP |  法人 |  なかまの里 |  あすくの里 |  あいらぶ工房 |  ほくほく |  WHAT'S NEW |  ボランティア |  求人情報 |  年間行事|  プライバシーポリシー